地球温暖化(その2)

2011年06月02日

 

 本日は地球温暖化の第2弾です。 

 

 前回は、世界の中での日本の立ち位置について主にお話をしました。

 

 その1 世界の二酸化炭素の排出量は2007年から2008年の1年間で約7億トン増えてupいる。 

 その2 日本は世界で5番目に多く二酸化炭素を排出してる。(2008年) 

 その3 日本の一人当たりの二酸化炭素の排出量は9.3t/人で、アフリカ諸国全体と比べ約9から10倍になっている。(2008年)200

 

 主な内容としては以上の3点でした。

 

 今回は、日本国内の状況について見ていきたいと思います。

chart04_01.jpg chart04_02.jpg

(出典)温室効果ガスインベントリオフィス

「日本の1990から2009年度の温室効果ガス排出量データ」(2011.04.26発表) 

(全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト(http://www.jccca.org/)より)  

 

 上のグラフは、京都議定書の対象となっている6種類の温室効果ガスの、日本における排出量の推移と、2009年度の排出量の割合を示すものです。

 

 温室効果ガスと言えば二酸化炭素と思いがちですが、少なくとも京都議定書では、その他にも5種類の温室効果ガスを削減の対象としています。

 

 ご存じのとおり、京都議定書では、2008年から2012年までの期間中に、先進国全体で温室効果ガス6種の合計排出量を、1990年に比べて少なくとも5%削減することが目標として掲げられており、日本は6%削減を目標としています。

 

 この京都議定書の基準年である1990年と2009年度の温室効果ガスの総排出量を比較してみると

 1990年(基準年):12億6100万t-CO2

 2009年度:12億900万t-CO2

 と、5200万t、率にして4.1%減少しています。

 

 2009年度の温室効果ガスの総排出量は、2008年度と比較しても7200万t、率にして ,、5.6%の減少となっています。

 

 減少の主な原因としては、2008年度後半の金融危機の影響によるエネルギー需要の減少が2009年度も続いたこと、原子力発電所の設備利用率の上昇や炭素クレジットの活用などにより電力排出原単位が改善したことなどが挙げられるそうです。   

 

 ここでは、減少の理由までは掘り下げませんが、いずれにしても現在の状況は減少傾向にあるようです。

 

 ちなみに、京都議定書では2008年から2012年までの5年間を「第1約束期間」と定めていますが、具体的にこの期間に日本が6%の削減を達成するためには

 

 基準年(1990年)の総排出量:12億6100万t-CO2ですので

 

     12億6100万t-CO2 ×0.94×5年=約59億t-CO2

     約59億t-CO2=日本の温室効果ガス割当量

 

 目標を達成するためにはこの5年間の総排出量を、約59億t-CO2以下に抑えなければならないことになります。 

 

 年平均にすれば、約11億8000万t-CO2 となるわけですね。

 

 この年平均の数字と2009年度の排出量を比較すると

 

     12億900万t-CO2 -11億8000万t-CO2  =2900万t-CO2

 

 単純に言えば、後、2900万t-CO2 削減する必要があることになります。 2900万t-CO2  

 

 少し長くなってきましたので本日はこの辺で・・・dash