学童野球

2011年09月05日

 

とりあえず台風12号は日本を通り過ぎましたが、紀伊半島を中心に大きな被害をもたらしました。

 

島根県内でも、自主避難や床上・床下浸水、土砂の崩落等があったようです。

 

被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。

 


 

 

さて、そんな最中、9月4日の日曜日から学童野球baseballの「マクドナルド杯」松江地区予選が始まりました。

 

DSCN1415.JPG

 

この大会に勝ち上がった上位5チームは、隠岐の島町で開催される「Dブロック予選(隠岐・松江地区)」への参加資格が与えられ、さらにブロック予選上位2チームは県大会へと進みます。

 

 

学童野球では、スポーツ少年団やクラブチーム(いづれも小学生)が参加して、年間にいくつかの大きな大会が行われます。

 

 

松江地区では、4月の「教育長旗争奪大会」を皮切りに、5月の連休前からは「全日本学童大会」の予選、6月には「ろうきん杯」予選、7月には「JAカップ」予選、9月は「マクドナルド杯」、11月は「新人戦」・・・・。

 

 

その他にも、各クラブのカップ争奪大会などもあり、チームによってばらつきはあると思いますが、試合数は、練習試合を含めると年間50試合から70試合を行います。

 

DSCN1416.JPG

 

我が子のためとは言いながらも、お父さんやお母さんは大変ですsweat02

 

試合のある日には、朝からお弁当作りriceballに、球場では試合運営のお手伝い。

 

さらには子供達の応援と・・・・。

 

 

それでも我が子のために奔走した、小学校を卒業した子供を持つお父さんやお母さんにお話を伺うと、皆さん一様に「良い思い出になった」とのことnote

 

この大会を通じて、また一つ良い思い出ができればと願うばかりです。