リボンピンバッジ購入!

2012年03月05日

 

 今回リボンピンバッジを購入しましたhappy01

  このリボンピンバッジの売上の一部が社会貢献活動に使われるという代物です。

 

 そもそもは、リボンピンバッジよりもリボンマグネットが元のようですが、このリボンマグネットは、2003年に、アメリカ・ノースカロライナ州の田舎町、ウインストンセーラム市で誕生したそうです。

 マグネット・ステッカー製造20年の実績を誇る、MAGNETAMERICA社(マグネットアメリカ)は、イラク戦争当時、イラクへ出兵した会社関係者の息子の無事を祈り、500枚の写真入りのイエローリボン・マグネットを製作し、家族はこのイエロー・リボンマグネットを親戚や知り合いに配り、皆で車の後部に貼り、息子が無事に帰還することを祈ったのが始まりだそうです。  

 

 下の写真がリボンマグネットの一例です。

 (写真はリボンドネーション公式オンラインストア様のウエブサイトからお借りしました。)

30135847_o2.jpg

 

 [↓ノースカロライナ州の場所です。] 


大きな地図で見る

 

 また、リボンの形の意味は、クルっとループ状に丸めたカタチのリボンを、欧米諸国(特に、アメリカ・カナダ・オーストラリア・イギリス)では、アウェアネスリボンとか、コーズリボンと呼び、コーズとは、社会の課題、問題のことで、リボンを身につけることで、社会のデリケートな問題に関するメッセージの発信をサポートする役目を果たすそうです。 

 


 

 そして今回購入したのが、下の写真の3種類です。

 まず「東日本大震災支援リボンピンバッジ」です。

 売り上げの一部が日本赤十字社を通じて義援金として被災地復興に役立てられます。

120303_1807241.jpg

 次に子どもたちの夢をかなえるボランティア団体「メイク・ア・ウィッシュ・オブ・ジャパン」支援のリボンピンバッジです。

 

120303_1806471.jpg

 

 そして最後が、リボンバースディ・ストラップです。

 こちらも、売り上げの一部が「メイク・ア・ウィッシュ・オブ・ジャパン 」の活動支援にあてられます。

120303_1810101.jpg

 

 今回は、この3つを購入しましたが、支援先によって様々なデザインのピンバッジやマグネットなどがあります。

 支援の輪が広がることを祈りつつ、私もピンバッジを付けて啓発活動に参加したいと思いますscissors