ゴールデンウィークも終わって

2012年05月07日

 

 毎年のことながら今年のゴールデンウィークもあっという間に終わってしまいましたthink

 ゴールデンウィークの間は、特に遠出をすることもなく、日吉津の「ジャスコ」に行ったのが唯一の家族サービスでしたsweat02

 

 近場だった割りには大いに散財してしまいました・・・crying

 

 

 

 さて、本日は本に関するお話を少々したいと思います。

 とは言っても、現在、私が読んでみたい本のご紹介でございますcoldsweats01

 

 一冊目は、小出 裕章 さんの「原発のウソ」です。

  

120508_1328241.jpg

 

 この本は、Amazonの「Best Books of  2011」の新書、ノンフィクション、科学本部門でそれぞれ1位を取った本です。

 

 小出さんは京都大学原子炉実験所の助教授(原子炉工学者)で、原子力発電に批判的な立場をとっていることで有名な方です。

 

 前述の本の内容をご批判される方もあるようですが、福島原発の事故が発生し、今月には日本国内の全原発が停止する事態になった今、少なくとも一度は目を通しておきたい一冊です。

 

 すでにAmazonにて購入手続き完了済みで、近日中には手元に届くはずですので、本の内容については、機会があれば改めてご紹介したいと思います。

 

 

 

 次にご紹介するのは「2012年本屋大賞」を受賞した直木賞受賞作家、三浦しをんさんの「舟を編む」です。

 

120508_1327291.jpg

 

 

 

 本屋大賞の過去の受賞作には、湊かなえさんの『告白』(2009年)や、東川篤哉さんの『謎解きはディナーのあとで』(2011年)などがあります。(いずれも読破済みです。)

 

120508_1331201.jpg

 

120508_1331431.jpg

 

 三浦しをんさんの本は読んだことはありませんが、過去の本屋大賞の受賞作がかなり面白かったことを考えると、大いに期待出来る一冊だと思われますscissors
  

 

 その他にも、宝島社が行っている「このミステリーがすごい!」大賞の受賞作にも面白そうな本があるので手を出してみたいのですが・・・・。

 

 まだ読みかけの本もあるので、とりあえずその本を読み終えてから考えることにします sweat01

 

 ちなみに今読みかけの本は、写真にもありますが、湊かなえさんの「少女」という本です。

 今晩、久しぶりに本を広げてみることにします・・・・たぶんsweat02