松江赤十字病院改修工事

2012年08月22日

 

 相変わらず暑い日が続いておりますsun

 基本的には暑い日は好きなのですが、こうも続くといい加減うんざりしてまいりますdownwardright

 

 

 さて、話はコロッと変わりますが、現在「松江赤十字病院」は改修工事をしております。

 とは言っても、新しい病棟は新館の跡地に既に完成しておりまして、現在は旧病棟(本館)の取り壊し工事が行われています。

 本館は築後40年、新館も築後30年程度が経過していたようです。

 

120821_171311.jpg

 

 ちょっと写真は歪んでいますが、上の写真の奥に見える白い建物が新しい病棟です。

 14階建てだそうでして、13階にはレストランもあります。

 

 

 手前の解体工事が進んでいるのが本館になります。

 解体工事の現場には被いがしてあるので、間近では解体工事の進捗状況は分かりにくいのですが、上方から見るとご覧のとおりです。

 

 

 解体工事が終了すると、本館の跡地はどうやら公園になるようです。

 下の図(写真)は、松江赤十字病院のホームページからお借りしました。

construction_pic02.jpg  

 

 新しい病棟の屋上にはヘリポートもあります。

 見えづらいかもしれませんが、下の写真はヘリポートから飛び立つヘリコプターです。

 

120821_171251.jpg

 

 写真のヘリコプターは恐らくドクターヘリだと思われます。

 島根県では去年の6月からドクターヘリの運用を開始しています。

 

 

 下の写真がドクターヘリです。(写真は島根県のホームページからお借りしました。)

 ドクターヘリは、出雲市の県立中央病院から隠岐の島まで約30分、最も遠い津和野町でも40分程度で到着するようです。

 そのスピードは新幹線とほぼ同じの時速200km以上に及ぶそうです。

 4_01.jpg

 

 以上、今回は、松江赤十字病院の改修工事とドクターヘリのご紹介でした。