「天空の駅」宇都井駅

2012年08月27日

 

 本日はJR三江線にある「宇津井駅」のご紹介ですnote

 JR三江線は島根県の江津市と広島県の三次市を結ぶ全長108kmの路線です。

 線路は江の川に沿って施設されている、いわゆる超ローカル路線です。

 下の写真は、美郷町にある「浜原駅」です。

IMG_0908.JPG

 江津駅から浜原駅間と、島根県の最も三次駅に近い口羽駅と三次駅間は1日5往復5往復あるのですが、浜原駅と口羽駅の間は1日4往復しかありません。

 

 今回ご紹介する「宇津井駅」はこの浜原駅と口羽駅との間にあります。

 下の写真が「宇津井駅」です。

IMG_0912.JPG

 

 「宇津井駅」の場所は下の地図でご確認ください。


大きな地図で見る  

 

 

 「宇津井駅」のホームは、下の写真の階段を登ったてっぺんにあります。

IMG_0911.JPG

 

 ホームまで登る階段は全部で116段あります。

 階段の途中には下の写真のような表示がしてあります。

IMG_0913.JPG

 

 もう少しでホームです。

IMG_0915.JPG

 

 ようやくホームです。

IMG_0920.JPG

 

 待合室には鉄道ファンのための「ファンクラブノート」がありました。

 ここを訪れた人が自由に書き込みをするようです。

IMG_0924.JPG

 

 ホームの上からの景色は下の写真のようになります。

 高所恐怖症の私には少々辛い場所でしたsweat02

IMG_0922.JPG

 

 少し離れた所から駅を撮すと下のような感じです。

 「宇津井駅」は、『ホームが日本一高い場所にある駅』として鉄道ファンの間では、有名な駅だそうです。

IMG_0928.JPG

 

 最後に島根県側の一番三次市に近い「口羽駅」です。

IMG_0931.JPG

 IMG_0934.JPG

  「口羽駅」は、三江線で最後に出来た駅だそうでして、この駅が昭和50年に完成して、三江線は全線開通となったそうです。

 上の写真はその記念碑と、当時の車両とレールのようです。

 

 まだまだ暑い日はつづきますが、もうすぐ秋の行楽シーズンになります。

 この辺りは他にも見所満載なので、是非一度、足を運んでみられてはいかがでしょうscissors