わが家の一流シェフin島根料理コンクール

2012年12月03日

 

 去る11月25日の日曜日に「わが家の一流シェフin島根料理コンクール」の最終審査が、松江市のくにびきメッセで行われた連合島根さん主催の『地SUN地SHOW祭』の会場内で行われました。

 

 このコンテストは、島根県食育・食の安全推進協議会と島根県の主催で毎年開催され、今回で7回目になるそうです。

 

 そもそもこのコンクールは県内の中学・高校・大学・専門学校の学生を対象にして行われており、今年は、424人、423作品の中から一次審査を合格し、県内各地から集まられた精鋭6名の皆さんが最終審査に臨まれました。

 

 最終審査前の説明を真剣に聞く参加者の皆さんです。

 今回の参加者の皆さんは、すべて中学・高校生です。

DSCN2104.JPG

 

 当協会は、今回のコンクールに最新式の『Siセンサーコンロ』を提供させていただきましたhappy01

 

 コンクール開始前には、メーカーの担当者から参加者の皆さんにコンロの取扱いの説明もしてもらいました。

DSCN2109.JPG

 

 コンクール会場の様子は下の写真のような感じです。

DSCN2116.JPG

 

 今回のコンクールのテーマは地元産品を使った白いご飯にあう朝食のおかずです。

 40分間で料理の出来映えを競います。

 

 下の写真は、料理に取り組む皆さんの様子です。

 表情は、真剣そのものです。

DSCN2118.JPG

 

 フライパンの手さばきもなかなかのものです。

DSCN2148.JPG

 

 調理が進むにつれて、会場内にはいい匂いが立ちこめてきました。

DSCN2145.JPG

 

 そして、完成した作品は下の6品です。

 私ごときが言うのもなんですが、皆さん大変良い出来映えですscissors

 

DSCN2155.JPG

 

 

DSCN2156.JPG

 

 

DSCN2157.JPG

 

 DSCN2158.JPG  DSCN2159.JPG

 

DSCN2160.JPG

 

 

 審査の結果、「わが家の一流シェフ大賞には「夏野菜たっぷり焼きトマト」が選ばれました。

 

 その他の皆さんの作品も、それぞれ「島根県食育・食の安全推進協議会長賞」と「JA島根食育推進賞」を受賞されました。

 

 皆さんおめでとうございますnotes