出雲大社で年越しと初詣しました

2014年01月20日

 

本年もよろしくお願いいたします。

1月6日更新分のブログと筆者が違うので、改めてご挨拶させていただきましたhorsehorse horsedash

 

私の年越しはと言いますと、出雲大社で新年を迎えましたfuji

 

IMG_10031.JPG

 

すごく迷いました・・・

まず、参ろうかどうかtyphoon

年末のニュースで知ってしまった、出雲大社の三が日の初詣参拝者が例年の1.5倍の90万人・・・という予想。

ただ、遷宮という二文字にとてもパワーを感じたので、参ることを決意sign01

 

次に、車で参るかrvcar一畑電車で参るか・・・train

一畑電車では、大みそかの夜に、出雲大社初詣ミッドナイト電車という臨時列車を運行しています。

ただ、早めに行けば駐車場も空いているだろうと予想し、車で21時頃に家を出発する計画run

 

IMG_10010.JPG IMG_10009.JPG

 

大みそか当日、22時30分頃に着きましたが、参拝者はまだまばらでした。

灯りに導かれ、神門通りやご縁横町をテクテクrun

お買い物は後のお楽しみですconfident

 

IMG_10005.JPG IMG_10014.JPG

 

出雲大社を参拝する際には、出雲大社の駐車場のある西側や、歴史博物館側からも入れますが、それはもったいないですsweat01

正門から参拝することをおススメしますshine

参道は丁寧に手入れがされていて、とてもキレイですし雰囲気が素敵ですhappy01

 

また、正しい参拝方法や順番については、正直申し上げますと詳しくないですが、きちんと鳥居から入り、心を穏やかにしながら参道を歩くべきかなと考えます。

 

正門の鳥居をくぐると下り坂になっていますが、下り坂になっている参道はめったないそうですflair

その後、松の参道へとつながります。


 

IMG_10017.JPG IMG_10022.JPG

 

22時50分頃に拝殿前に着きましたが、すでに行列sweat01sweat01

拝殿前には、警備員さん二人のみで、誰もが御本殿への列に並びます。

 

約1時間、拝殿の東側にて待機eye

当日は、風が強かったですが、10℃前後とさほど寒くはなかったですconfident

 

IMG_10026.JPG

 

そして、元旦の午前零時、笛と太鼓が奏でる音色。年が明けましたfuji

 

通常、八足門は閉められていますが、正月は門が開かれ楼門の前まで入れ、普段よりは御本殿の近くで、参拝することができます。

 

 

ちなみに、「お賽銭の金額は決まっていますか?」という質問に対して、出雲大社HP上で以下のように回答しています。

A、お賽銭を5円にすると「ご縁がある」とか、「二重にご縁があるように」と25円、「始終ご縁があるように」と45円、「これ以上の硬貨(こうか=効果)はない」と500円などと、ガイドの方がおもしろおかしく話を作って案内されるのを聞くことがあります。
これは、まったく根拠のないおもしろおかしくしようとの“ためにする”語呂合わせにすぎません。大切なのは神様に対して真摯な気持ちでお祈りをし、その気持ちをもって日々の生活を送ることです。祈りの心はお賽銭の金額によって、まして変な語呂合わせで左右されるものではありません。(出雲大社HPより

 

えっsign03そうなのsign02sign02

信じてました・・・。

 

IMG_10035.JPG IMG_10038.JPG

 

帰る頃には、参道にはものすごい数の参拝者がwobblysweat01

御本殿まで約300mくらいの場所が最後尾でしたend

予想ですけど、2、3時間はかかったでしょうねshock

 

締めとしまして、温かいぜんざいを食べて帰路につきましたrvcar

 

皆様にとりましても、いい年になりますように。