平成26年度LPガス自動車導入促進対策補助金の申請受付が6月2日から始まります。

2014年05月09日

 

promotion_140509.jpg

 石油ガス自動車の普及を促進し、物資の輸送に必要な燃料の多様化を促すことで、災害時等供給途絶における燃料供給の安定化を図ることを目的として、LPガス自動車を導入する事業者の経費の一部を補助する事業が本年度も開始されます。

 

 この補助事業の概要は下記のとおりですが、詳細につきましては「日本LPガス団体協議会」のホームページにてご確認ください。

 

 

【補助事業の概要】

 

1.申請窓口

  日本LPガス団体協議会(日団協)

 

2.申請対象者

  LPガス自動車を導入しようとする者であって所有者・使用者

 

3.補助対象車両

  液化石油ガスを原動機の燃料として用いる自動車で、道路運送車両法第3条に規定する自動車

  ※営業用旅客・乗合自動車を除く(バス・タクシーなど)

 

4.補助対象経費

  災害時対応型石油ガス自動車の導入経費で、消費税及び地方消費税は対象外です。

 1) メーカー仕様車:同一車種等の既存燃料車との差額

 2) 改造車:原動機の燃料を「液化石油ガス」に改造する際の費用

 

5.補助率・交付限度額

  補助対象経費の1/2相当とし、補助金交付限度額を1台あたり250,000円

 

(注)補助金の交付を受けようとする方は、LPガス自動車の購入又は改造の発注は、交付決定後に行わなければなりません。

以上