危険物運搬車両に対する指導取締り実施中です(11月)

2017年11月06日

 

みだしの指導取締りが本年も11月1日から11月30日までの1ヶ月間、全国一斉に実施中です。

 

LPガス容器を運搬する際は、LPガス販売店のみならず、消費者であっても高圧ガス保安法第23条の移動の基準を遵守しなければなりません。

会員の皆様におかれましては、社内での法令遵守の徹底はもちろんのこと、消費者の皆様に対しても、この基準を遵守されるよう周知徹底をお願いいたします。

 

なお、携行品等の詳細については、高圧ガス保安法液化石油ガス保安規則例示基準の第1節(境界線・警戒標識)、第53節(充てん容器等の移動時に携行する消火設備並びに資材等)、第55節(充てん容器等の転落、転倒等を防止する措置(移動))をご参照ください。

 

また、平成28年11月1日付けで高圧ガス保安法液化石油ガス保安規則第49条が次のとおり改正されています。

 

○液石則49条(移動の基準)関係

車両に積載して移動する液化石油ガスを充塡した容器についての技術上の基準(警戒標の掲示、消火設備の携行、イエローカードの携帯等)の適用除外が、内容積が20リットル以下の容器を積載した車両であって、内容積の合計が40リットル以下であったが、今回の改正によって、内容積が25リットル以下の容器を積載する車両であって、内容積の合計が50リットル以下に緩和された。

 

違反した場合30万円以下の罰金が課せられますので十分ご注意ください。