新型コロナウイルスの影響を踏まえた各種期限の延長について(第3弾)

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、液石法の各種期限の延長追加措置が本年2月5日付けで下記のとおり改正されましたのでお知らせいたします。

1.LPガス供給設備・消費設備の点検・調査及び周知の猶予措置

供給設備・消費設備の点検・調査及び周知について、令和3年2月5日から同年3月31日までに点検・調査期間、周知期間を迎える場合には、その期限が4カ月延長されます。また、認定販売事業者告示による5年点検・10年の点検・調査についても同様に延長されます。

なお、これまでの新型コロナウイルスの影響による猶予措置は次のとおりです。

第1弾:4月10日から9月30日までに期間を迎える場合→4カ月延長
第2弾:10月1日から11月30日までに期間を迎える場合→4カ月延長
第3弾(今回):2月5日から3月31日までに期間を迎える場合→4カ月延長

※ 令和2年12月1日から令和3年2月4日までに点検・調査の期間、周知の期間を迎える場合の猶予措置はありませんのでご注意ください。

2.認定販売事業者の保安確保機器の期限管理の延長措置

ガスメーター以外の保安確保機器について、令和3年2月から同年3月までに管理期間が終了するものについて4カ月延長されます。

期間延長のイメージ(経済産業省HPより)