新型コロナウイルスの影響を踏まえた点検・調査期間等の延長について

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、本年4月10日付けで「液化石油ガス法施行規則」の一部が下記のとおり改正されましたのでお知らせいたします。


1.改正内容

令和2年4月10日から令和2年9月30日までの間に、次の期間が終了する場合は、その期間が4か月間延長されます。

(1)定期供給設備点検・定期消費設備調査

(規則第36条第1項第1号、規則第37条第1号 )

(2)一般消費者に対する周知

(規則第38条の2第1項・第2項)

(3)液化石油ガス販売事業・保安業務報告

(規則第132条)

(4)認定液化石油ガス販売事業者に係る報告

(規則第48条第2項)

(5)充てん設備の保安検査

(規則第81条第1項)

2.その他

(1)供給開始時の点検・調査と容器交換時等供給設備点検は期間延長の対象外です。

(2)定期消費設備の再調査は対象外です。

(3)高圧ガス保安法に係る「保安検査」及び「定期自主検査」も期間延長が認められます。詳しくは、経済産業省のホームページにてご確認ください。

期間延長のイメージ(経済産業省HPより)