社会機能維持者である濃厚接触者の待機期間の短縮について(お願い)

さて、新型コロナウイルス感染症拡大に関連し、島根県健康福祉部感染症対策室長から関係機関に対し、無症状患者の療養解除基準の変更及び濃厚接触者の待機期間の更なる短縮について通知がありましたのでお知らせいたします。

会員各位におかれましては、実際に社会機能維持者である濃厚接触者の待機期間を短縮する場合には適切に対応をくださいますようお願いいたします。

待機期間の短縮に係る要件等詳細については、以下の資料をご確認ください。

なお、島根県の場合、国が定めた「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」で示した『事業の継続が求められる事業者』と同様の取扱いとなっていますので、LPガス事業者は『事業の継続が求められる事業者』となります。
ただし、業務への従事が事業継続に必要であることの確認は各事業者において判断することになります。

また、実際に濃厚接触者の待機期間を短縮しようとする場合には、必ず保健所へ検査結果と待機期間を短縮したい旨をあらかじめ連絡する必要がありますのでご注意ください。